乳児の素肌はとても繊細で、交替が良いために汗をかく結果肌荒れを起こしやすいものです。
あせもや幼児発赤、アトピーなどの発赤の見分けがつきにくいことが多いです。
あせもは汗の生じる毛孔が汗で詰まってしまい、汗が素肌の中に溜まって炎症を起こした状態です。毛孔のゾーンだけに炎症を起こしている状態になります。毛孔にぷつぷつと赤いできものができます。
これに対して幼児発赤は過剰な皮脂分泌や急性カサカサによって、炎症を起こし、素肌収支に発赤が起こります。素肌が盛り上がってジクジクしたり、カサカサになるなどの外観が起きている状態です。
見分けがしんどいものではありますが、あせという場合には過剰な汗をかかさないようにしたり、汗をかいたら一気に拭き取るなどをすれば改善します。幼児発赤は病棟で塗り薬を処方してもらいつける結果少しずつ改善していきます。
また、幼児発赤と見分けがつき難い売り物としてアトピーもあげられます。これはほこりやダニ、化学物質などの外圧にアレルギー反発を起こし、肌荒れを引き起こすものです。アトピーは外観が悪化したりかわいらしくなったりを増やす特徴があるものです。要素を突き止めてそれを排除することが必要になります。
乳児の素肌はもろいので、肌荒れを回避するには実情を整えて清潔にしてあげることが基本的な手法になります。詳細はコチラ